おいしいお肉のお取り寄せ、失敗しない方法は?

最近はどんなものでもネットで手に入ります。お肉だって、あらゆるブランド肉お取り寄せできるんです。おいしいお肉を自宅にお取り寄せして、楽しくいただきましょう!

牛肉をお取り寄せするのはどんな人?

たいていのものはネットで買える時代ですが、生鮮品であるお肉のお取り寄せをした人は少ないかもしれません。はじめはどんなお肉を買えばいいのかわからないでしょうが、一度やってみれば大丈夫。大勢の人が、自宅で良質のお肉を食べたい・住んでいるところから離れている場所のブランド牛を味わいたいなどの理由で、気軽にお肉のお取り寄せをしています。おいしいお肉が食べたい!と思うなら、一度はやってみるといいでしょう。とっても簡単で、とっても手軽です。

牛肉をお取り寄せする理由3つ

牛肉をお取り寄せする理由はおおきく3つあります。ひとつはたくさんのお肉をまとめて購入したいので自宅に直接送ってほしいから。

次に普段食べたことがないような希少部位を探しやすいからという理由があり、最後にスーパーで買うよりネットのブランド肉専門店で購入したほうが、コスパがいいからというのも大きな理由です。おいしい牛肉には特別なイメージがありますから、年末年始やイベントなど大勢が集まる時におすすめ。どんな場も、上質なお肉があれば一気に盛り上がります。そんなときにミスジやザブトン、イチボなど、あまり市場にでまわらない希少部位があると、よりみんなで楽しめますね。牛肉専門店なら希少部位も手に入りやすいので、お肉好きが喜ぶ珍しい部位をそろえましょう。

もちろんコスパも重要なポイント。ネットの専門店を利用する場合は、複数の店舗をじっくりと比べて、お値打ちかつ評判のいいお店を探すことができます。いいお肉を探している時間も、楽しいものです。

 

お肉をお取り寄せするときの5つのコツ

とはいえ、はじめてお肉のお取り寄せをするときは、どんなお肉をどれくらい買ったらいいのかよくわかりません。そこで、お肉のお取り寄せのコツを5つご紹介します。

ブランド牛(黒毛和牛)を選ぶ

日本で販売されているお肉には、国産と輸入肉があります。どちらのお肉もお取り寄せができますが、一度は食べてみたいのが国産の和牛です。中でもブランド牛と呼ばれる上質なお肉はあこがれですね。日本では縄文後期から牛がいたといわれますが、長いあいだ食用ではなく農作業用に使われてきました。日本で牛肉の消費量が増加したのは、昭和30年代以降です。こういった長い歴史の中で、日本の和牛は味を磨いてきました。現在、日本の牛はざっくりと分けて和牛・高雑種・ブランド牛の3種類です。このなかで、ぜひともお取り寄せしたいのがブランド牛。ブランド牛のほとんどは黒毛和牛という高級品種で、日本三大牛の松阪牛(三重県)や近江牛(滋賀県)、但馬牛(兵庫県)のほかに、神戸牛などもブランド牛です。各地のブランド牛を名乗れるお肉は、地域ごとに決められた基準をクリアした高品質の牛肉だけ。どのブランド牛も、産地や血統・品種はもちろん、枝肉の格付け、飼育方法に至るまで細かく審査された貴重なお肉なのです。ですから、ブランド牛をお取り寄せすればほぼ間違いなくおいしいお肉を食べられるというわけです。味にハズレがないので、初めてお肉のお取り寄せをする人には、ブランド牛がおすすめです。

 

通販専門店を選ぶ(鮮度や配送の観点)

お肉のお取り寄せができるネットショップは、ほとんどが肉の専門店です。実店舗とネットショップを同時に運営しているところもありますが、おすすめは通販専門店です。実店舗があるショップもいいのですが、通販専門店はお肉の配送が非常にすばやい。たとえば神戸にある牛肉の通販専門店では、月曜から土曜日の14時までに注文した商品は、銀行決済が確認できれば注文当時に発送されます。商品は、九州・四国・中国・関西・中部・北陸・関東・甲信越などのエリアなら翌日に届きます。お昼ごろにネットでポチしたお肉が、翌日に自宅に届くというスピーディさ。これなら、急にいいお肉が必要になったときにあわててお肉屋さんに走るより、ネットで探してポチするほうが確実です。また通販専門店の中には、お肉の鮮度を大事にするためにあえて冷凍便を使わず、冷蔵便で発送するところもあり、ショップごとのこだわりを感じられます。牛肉は生ものだから通販で買うのは心配というひともいますが、お店によっては宅配会社と提携し、商品がお店を出たところから順次追跡できるサービスを提供しているところがあります。これならお肉のお取り寄せに慣れていない人でも、安心しですね。

 

お肉のランクにこだわる

良質の牛肉を買いたい!という時は、お肉のランクにこだわって探しましょう。牛肉のランクといえば、A5やA4というのがよく知られています。A5が最高ランクの牛肉であることがわかっていても、具体的にどういうレベルを表す言葉なのか、よくわかりませんね。牛肉のランクは、歩留等級(ぶどまりとうきゅう)と肉質等級という二つの基準が組み合わさって決まります。最初のアルファベットが歩留等級をあらわし、A級が最高級で、B等級、C等級と続きます。そして数字が肉質等級で、こちらは5級が最高級。これらの等級は、日本食肉格付け協会という社団法人が審査をして決めています。

わかりやすくいえば、A5は歩留等級(ぶどまりとうきゅう)と肉質等級の両方で最高だと格付けされたお肉です。A5ランクの牛肉は、赤身のなかにサシがきれいに入り、肉色がきれいでしまりがいい。そして全体の肉付きバランスが取れています。牛肉のお取り寄せ初心者や、こっくりした脂の味を楽しみたい人は、A5ランクの牛肉をたくさん扱っているショップを探すといいでしょう。脂の甘味などを味わいたいなら、A5級やA4級を購入すれば間違いないのです。脂身が好き・赤身肉が好きという個人的な好みもありますから、サシの入り具合を写真で見ながらお取り寄せするお肉を選びましょう。

 

通販専門店を選ぶ(鮮度や配送の観点)

お肉のお取り寄せができるネットショップは、ほとんどが肉の専門店です。実店舗とネットショップを同時に運営しているところもありますが、おすすめは通販専門店です。実店舗があるショップもいいのですが、通販専門店はお肉の配送が非常にすばやい。たとえば神戸にある牛肉の通販専門店では、月曜から土曜日の14時までに注文した商品は、銀行決済が確認できれば注文当時に発送されます。商品は、九州・四国・中国・関西・中部・北陸・関東・甲信越などのエリアなら翌日に届きます。お昼ごろにネットでポチしたお肉が、翌日に自宅に届くというスピーディさ。これなら、急にいいお肉が必要になったときにあわててお肉屋さんに走るより、ネットで探してポチするほうが確実です。また通販専門店の中には、お肉の鮮度を大事にするためにあえて冷凍便を使わず、冷蔵便で発送するところもあり、ショップごとのこだわりを感じられます。牛肉は生ものだから通販で買うのは心配というひともいますが、お店によっては宅配会社と提携し、商品がお店を出たところから順次追跡できるサービスを提供しているところがあります。これならお肉のお取り寄せに慣れていない人でも、安心しですね。

 

お肉のランクにこだわる

良質の牛肉を買いたい!という時は、お肉のランクにこだわって探しましょう。牛肉のランクといえば、A5やA4というのがよく知られています。A5が最高ランクの牛肉であることがわかっていても、具体的にどういうレベルを表す言葉なのか、よくわかりませんね。牛肉のランクは、歩留等級(ぶどまりとうきゅう)と肉質等級という二つの基準が組み合わさって決まります。最初のアルファベットが歩留等級をあらわし、A級が最高級で、B等級、C等級と続きます。そして数字が肉質等級で、こちらは5級が最高級。これらの等級は、日本食肉格付け協会という社団法人が審査をして決めています。
わかりやすくいえば、A5は歩留等級(ぶどまりとうきゅう)と肉質等級の両方で最高だと格付けされたお肉です。A5ランクの牛肉は、赤身のなかにサシがきれいに入り、肉色がきれいでしまりがいい。そして全体の肉付きバランスが取れています。牛肉のお取り寄せ初心者や、こっくりした脂の味を楽しみたい人は、A5ランクの牛肉をたくさん扱っているショップを探すといいでしょう。脂の甘味などを味わいたいなら、A5級やA4級を購入すれば間違いないのです。脂身が好き・赤身肉が好きという個人的な好みもありますから、サシの入り具合を写真で見ながらお取り寄せするお肉を選びましょう。

 

自身の好みを知る

A5ランクの牛肉が、必ずしも万人に受ける牛肉ではないといいましたが、これは肉の好みによるものです。昔から牛肉のおいしさは脂の甘さにあるとされ、ブランド牛である神戸牛や松阪牛は、きめが細かくて口の中でとける脂肪を作り出すことに専念してきました。たしかにサシがバランスよく入った牛肉は、舌ざわりがなめらかで、口に入れた瞬間とけてなくなってしまうほどのおいしさです。しゃぶしゃぶにしてもすき焼きにしても最高ですが、最近の傾向としてあっさりした赤身肉を好む人が増えてきました。牛の腰からお尻にかけてあるランプ肉や肩甲骨の下のミスジなど、脂身が比較的すくない部位に人気が高まっているのです。赤身肉は脂肪分が少なくカロリーも低め、しかし牛肉の栄養素をしっかりとれるので、健康に配慮する女性や高齢者には大人気なのです。とくに女性にとっては、赤身肉のビタミンB群がうれしいところ。ビタミン12は、体内で葉酸と一緒になって血液を増やす合成を助ける働きがあります。貧血が気になる人は牛肉の赤身を食べたほうがいいという意見があるほどです。このように、牛肉のたくさんの部位の中から自分が好きな肉質やほしい栄養素に合わせて商品を選ぶのが、上手なお取り寄せのコツです。

 

おまかせセットを買ってみよう

お肉のお取り寄せは初めてで、何が何だかわからないという場合は、ショップのおまかせセットを購入するのがいいでしょう。先にあげたように、お取り寄せができるショップはお肉の専門店です。お肉のおいしい食べ方を知り尽くしたお店が各種のお肉をそろえた「焼肉おまかせセット」や「バーベキュー食材セット」などは、ハズレのない商品が詰まっています。焼肉セットならバラ肉やロース、もも肉のほかに、ミスジやイチボ、カイノミなども送られてきます。バーベキュー食材セットならカルビやロース、タン、ウィンナーやカット野菜、タレまでそろっています。こういったおまかせセットは、店によっては予算を最優先してセット内容を変更することもできますし、カルビ多め・ロース多めなど肉の追加を頼むこともできます。ショップにすべてお任せしてしまえるので、イベント準備のために購入したいが、どれくらいの肉を買えばいいのかわからないという時は、とっても便利です。ちなみにバーベキューの時に用意すべきお肉の量は、男性なら1人当たり約300グラム、女性なら1人当たり約250グラムをみておきましょう。

 

 

お肉を購入するならブランド牛を絞った専門店の通販で選ぶのがオススメ

あれこれとお肉のお取り寄せについて考えていたら、ますますどのショップがいいのかわからなくなってきた…。こういう場合は、ブランド牛の専門店を利用するのが一番でしょう。ブランド牛の専門店からお取り寄せするメリットは、4点あります。

1点めは、高品質でおいしい牛肉が手に入ること。ブランド牛というのは、認定されるまでに厳しい審査を受けて、良質でおいしいという折り紙を付けられたお肉です。各地域が自信をもって送り出しているお肉ですから、全国どのブランド牛を購入してもハズレはありません。つまり、ブランド牛ならほぼ確実に上質なおいしいお肉を購入できるのです。

2点目は、専門店なら全国のブランド牛を取り扱っていること。日本には約280種類のブランド牛があるといわれます。北海道の知床牛や十勝和牛などから始まり、沖縄の石垣牛・もとぶ牛など、地域ごとにおいしいお肉があります。ブランド牛専門店なら、遠方のブランド肉を選ぶことが簡単にできます。3点目は専門店ならハイレベルのブランド牛が手に入ること。

A5級という最高ランクのお肉は大量に流通するものではありません。やはり専門店ならではのルートで仕入れをするから、安定して手に入るのです。そして最後にコスパの良さ。高級肉は高価なものですが、ブランド牛専門店ではお値打ち部位やセットが販売されています。なぜ安く買えるかというと、専門店は牛を1頭買いすることが多いため、割安に販売できる部位が出てくるのです。こうやって考えていくと、ブランド牛専門店からのお取り寄せは、メリットが多いですね。