食べ切れなかったお肉を美味しく保存する方法

おいしいお肉は買ってきたらすぐに食べてしまいたいもの。といっても、いろいろな都合で食べきれないこともあります。せっかくのいいお肉ですから、上手に保存をして、後からもう一度楽しくいただきましょう。そこで、お肉の保存方法を冷蔵・冷凍にわけてご紹介します。

ラップかジッパー付きビニール袋に入れて空気に触れさせない

お肉を保存する場合は、外気温に触れさせる時間を極力短くする必要があります。ですからお肉は買い物の最後に買って、買ったらまっすぐにおうちの冷蔵庫にしまいましょう。寄り道をすればするほどお肉の鮮度はどんどん落ちてまずくなってしまいます。そして帰宅したらすぐにお肉をラップにくるむかジッパー付きのビニール袋に入れて密封保存します。お肉は空気に触れると酸化が進みます。まずくなるだけでなく雑菌の繁殖原因になりますし、カビもつきやすくなりますので、なるべく空気を抜いた状態で保存しましょう。もし冷蔵庫にチルド室(0~マイナス1度設定)があるなら、お肉はチルド室にしまっておくのがベストです。
冷蔵庫で保存したお肉は1~3日くらいで食べきりましょう。それ以上かかる場合は、やはり冷凍庫での保存がおすすめです。

 

冷凍は、急速冷凍が基本

冷凍保存をするなら、急速冷凍が基本です。ラップやジッパー付きのビニール袋に入れて、冷凍庫内のアルミトレイ部分にのせましょう。スーパーで購入してきた食品トレイのまま冷凍すると、凍るまでに余分な時間がかかります。さらに解凍時にドリップが出やすくなってうまみも減ってしまうため、密封保存がおすすめ。そして冷凍庫に急速冷凍機能があればボタンを押しておきましょう。冷凍スピードがさらにアップします。
ここまでしても、大きなブロック肉などはすばやく冷凍ができません。家庭用冷蔵庫では業務用のような急速冷凍は難しい。そのため、お肉を手早く凍らせたければ薄切りにしておきます。いったん冷凍してしまったら使いたいときには小分けで解凍することはできませんから、1回分の量に分けてから冷凍するのもコツです。ステーキ肉は1枚ずつラップにくるむときれいに冷凍できます。こうやって冷凍保存したお肉は、2週間を目安に食べきりましょう。

 

保存後においしく食べたいなら、保存方法に注意

良いお肉は早く食べてしまうのが一番ですが、保存時のちょっとした注意で解凍後の状態が大きく変わってきます。密封保存と急速冷凍が大事なポイント。冷蔵・冷凍それぞれの方法を覚えて、無駄なくおいしくいただきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です